地球にも優しく

三菱のエコキュートとは

エコキュートとは、日本ではテレビを点けていると時折耳にする言葉でもあります。 そして、このエコキュートとはどういう意味なのかと言うと、正式な名前は自動冷媒ヒートポンプ給湯器という名前で、道具としては給湯器としての意味として用いられるワードです。 元々はエコキュートというワードは日本の家電企業などが愛称として用いている俗称の様なモノで、その愛称の商標自体は関西電力のモノとなっています。 そして、エコキュートとは給湯器なのは前述しましたが、その商品としての方針や質は企業毎にバラバラです。 そして三菱などにおいては、その宣伝文句が「マイクロバブルで、きもちいい毎日へ」と宣伝している様に、給湯器としてだけではなく複合的なシステムも取り入れている方針性があります。

配管掃除や浴槽との融和制など

三菱のエコキュートとは「バブルおそうじ」というシステムから始まり、そして「ホットあわー」などのマイクロバブルを意図したシステムなどを取り入れて、三菱流の独自路線を意図しつつ、販売しています。 そして遠隔リモコンなどのシステムも導入しており、その方針としては一軒家に対して融和性が高いシステムにもなっています。 その商品ブランドの方針としては、頭文字にアルファベッド一文字が付くモノが多いのが三菱流とも言える部分で、PシリーズやAシリーズ、そしてSシリーズなどのブランドを展開しています。 他にもコンパクトや寒冷地向けなどの、消費者の需要や居住地に合わせた商品展開もしており、サイトでは詳しい仕様表などの確認をする事も可能となっています。