経済性の根拠

エコキュートの経済性とは

住宅を新築する際や、風呂にリフォームで給湯器を交換する際、エコキュートを導入する家庭が増えています。又、新築建売住宅やマンションにも、エコキュートが多く採用されています。 エコキュートとは、空気中の熱を取り込みお湯を沸かす、地球環境に優しい給湯システムで、オール電化住宅に採用されています。オール電化住宅とは、キッチンの調理や風呂の給湯にガスを用いず、すべてのエネルギーを電気でまかなう住宅です。そのため、支払いも一元化され家計の収支もわかりやすく、又、深夜早朝の割安な電気料金を利用してお湯を沸かすため、給湯にかかるコストを大幅に削減することができます。オール電化住宅にすることで、火災保険が割引になる保険会社もあるのは、火事のリスクが低いことが理由と考えられています。

ランニングコストの安さが魅力です

オール電化住宅に多く採用されるエコキュートシステムは、発売当初から比較して価格もリーズナブルになり、初期導入コストも、IHクッキングヒーターをセットにして100万円前後で導入できるようになりました。同時に太陽光ソーラーパネルを導入することにより、家庭で使用する電力の一部を自給することができるため、更にお得に給湯ができると高い評価を得ています。又、エコキュートは、多くのメーカーから個性的な機能を搭載した商品が多く販売されており、ランニングコストの節減を目指した商品が人気です。排水を利用してパイプ内を洗浄できる商品や、人を自動で感知することで、使用しない時間の電力をセーブするなど、便利な機能の商品が人気です。